アイコン ダイヤモンドビジネス(株)(大阪)/特別清算開始命令

 

スポンサード リンク
 
 

太陽光発電関連機器製造のダイヤモンドビジネス(株)(所在地:大阪府大阪市淀川区塚本1***)は3月13日、大阪地方裁判所において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は約8億円。

同社は平成26年1月設立のダイヤモンド電機(株)のグループ会社としてパワーコンディショナーおよび表示ユニットなどの太陽光発電関連製品の製造会社。

ダイヤモンド電機(株)グループ会社向けの取引で平成28年3月期には22億円以上の売上高を計上していた。しかし、政府決定の買取価格の低減が続き、太陽光発電ブームも過ぎ去り競走激化、同期の売上高も想定以下だったため損失を出し、翌期も損失が拡大し、親会社が単体での経営は困難と判断して、親会社が事業譲渡を受け、同社は平成29年11月に解散を決議、その後清算を進め、ほぼ終了したため今回の申請となった。



 

[ 2020年3月28日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産