NTTドコモは19日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国に拡大されて初の週末となった18日時点の全都道府県の主要駅や繁華街などの人出を分析したデータを公表した。

全国47都道府県の計69地点における人出は、感染拡大前に比べ▲3~▲85%減となり、地域によって大きな開きが出た。

 政府は感染拡大の防止に向け、人との接触機会を最低七割、極力8割減らすよう求めており、取り組みが不十分な地域も多い。外出自粛の浸透が課題。

以上、報道

東京でも主要駅は上記のとおりだろうが、地域の商店街や吉祥寺などに人が集まっているとされ、逆に集中しだした地域もあり、広域調査が必要。

sponsored


欧米の外出禁止令と日本の外出自粛のお願いの違いは大きすぎる。

中央の必死さの伝わりにも限界がある。

現在でも、医療崩壊を神棚に、感染検査を絞り込み続け、結果として厚労省。医師会がステルス感染者を増加させる防疫政策を採り続けていることにも起因しているようでならない。

0420_03.jpg