「小さすぎる」「いまさら…」などと不評の“アベノマスク”が、全国80のホームレス支援団体などでつくるNPO法人「ホームレス支援全国ネットワーク」(事務局・北九州市)に全国から集まり、生活困窮者や各地の支援団体に届けられているという。

SNS上で「不要なら困窮者に届けよう」という動きが盛り上がり、約6千枚が届いた。
同ネットワーク事務局は「新型コロナウイルス流行の第2波があるかもしれず、マスクは必要だ。今後も送ってもらえると、ありがたい」としている。

 「自分が感染するのも不安だし、人に感染させても悪いから気になっていた」
22日、同市小倉北区の勝山公園で、ネットワークに加盟するNPO法人「抱樸(ほうぼく)」(同市八幡東区)が実施した「炊き出し」で、マスクを受け取った男性(70)は笑顔を見せていた。

sponsored


この日は数十人に布マスク10枚、不織布のマスク10枚を弁当と一緒に手渡した。
 ネットワークによると、国の布マスク配布を巡り、SNSに「いらない」などの投稿が相次ぐ中、「捨てるぐらいなら寄付しよう」という書き込みがあり、拡散。
今月中旬時点で国の布マスク約6千枚、手作りや使い捨てのマスク約1万2千枚が寄せられ、全国の支援団体にも届けている。

マスクの送り先は、
〒805-00155 
北九州市八幡東区荒生田2-1-32 
ホームレス支援全国ネットワーク。
送料は自己負担。

マスクがなくなり、消毒液がなくなり、それは国家が備蓄している医療機関でも同じことだった。トイレットペーパーもなくなり、ティッシュもなくなり、レトルト食品や即席ラーメンも高騰・暴騰、それもパック品なしに、スーパーが大儲けしているのも頷ける。