飲食店の新コロナウイルス飛まつ・エアロゾル対策
飲食店では客・テーブルの間隔だけではなく「換気」が必要
暖気・冷気のエアコンでの感染リスクあり
エアコンの風向き次第では6メートルでも感染リスク
家庭用空気清浄機では弱く感染リスク

外気との換気が必要、外気を入れる、業務用換気扇を回す
・発症していない人も発症2日前から感染力が増している。

米国の疾病対策センター(CDC)の報告書によると、中国南部の広州市の保健当局が、1月から2月にかけて新型コロナウイルスの感染が確認された、別々の3つの家族、合わせて10人の感染経路を調べたところ、全員が1月24日に同じレストランで昼食をとっていたことがわかった。

sponsored


3家族は、エアコンの吹き出し口からみて1列に並べられた3つのテーブルに分かれて座っていた。レストランには窓がなかった。

真ん中のテーブルには、当時、中国で最も感染が広がっていた武漢市から前日にやってきた家族が座っていて、このうちの1人はこの日の昼食後に発症した。

報告書では、当時、症状はなかったものの、この1人から出た飛まつが風下に流れて、隣のテーブルの家族に感染し、さらに、強い空気の流れで壁に反射して最も風上のテーブルの家族にも感染が広がったとみられると結論づけた。

エアコンのある壁から向かいの壁までの距離は6メートルで、エアコンからはウイルスの遺伝子は検出されず、同じフロアにいた、ほかの73人の客から発症者は出なかったという。

報告書は、ウイルスの拡散を防ぐため、飲食店ではテーブルの間隔をあけ、換気を十分に行うよう勧告している。

また、家庭用の空気清浄機についてアメリカEPA=環境保護庁は、ウイルスを除去して感染を防ぐ機能は十分ではないとして、家庭でも換気を十分に行うよう呼びかけている。
以上、NHK参照

↓Aが感染源、Aの飛まつはエアコンの風に乗りBに感染、エアコンの対面の壁に当たってCが感染。
0605_05.jpg