日産は15日のオンライン・イベントで、新型電気自動車(EV)の多目的スポーツ車(SUV)「アリア」を発表。
日産は2010年に初のEV「リーフ」を発表。当時のゴーンさん(CEO)はEVシリーズの開発計画を打ち出し、2020年までに世界の自動車市場でEVのシェアが10%に達すると予想していた。
しかし、国際エネルギー機関(IEA)によれば、現時点でEVのシェアは2.6%にとどまっている。この間に日産が発売したEVとしては、リーフの新型モデル以外にミニバンタイプの「e―NV200」があるものの、米国では販売されていない。

アリアは、日産が米国市場に投入するEVの第2弾となる。リーフより大きく、車内も広い。フロント部分には、エンジン冷却用の「グリル」に代わって、日本の伝統的な「組子」模様を取り入れたパネルが採用されている。

sponsored


エンジンルームに相当するスペースには空調ユニットなどを収め、室温やオーディオの調整はボタンやスイッチでなく、タッチパネルのアイコンをタッチして操作する。

さらに、高速道路での手放し走行を可能にする運転支援技術「プロパイロット」を搭載。床下に内蔵したバッテリーの容量は63kwhと87kwhの2種類があり、87kwhタイプは1回の充電による航続距離が米環境保護局(EPA)換算で約480キロとされる。加速は、時速100キロまで約5秒と、スポーツカー並みとなっている。
アリアは、日本国内で来年半ば、米国ではそれ以降に発売される予定。米国での価格は約4万ドル(約430万円)からと、フォード「マスタング・マッハE」、テスラ「モデルY」などのEVより数千ドル安く設定の見通し。

0716_02.jpg