アイコン スエズ運河「エバーギブン」離礁に成功と

Posted:[ 2021年3月29日 ]

3月23日朝、スエズ運河で砂嵐により座礁した大型コンテナ船の「エバーギブン」号、すでに一帯では400隻あまりが滞留、一部は南ア希望峰経由に変えた船舶もあるという。

英海運サービス会社インチケープ・シッピング・サービシズは29日、エジプトのスエズ運河で座礁し航路を塞いでいた大型コンテナ船「エバーギブン」を巡り、同船のサルベージチームが「離礁作業に成功した」とツイッターへの投稿で明らかにした。




同船は、満潮時に合わせ離礁するため、バランス水の抜き取り作業も行っていた。

今回の問題を受け、中国がパナマ運河のように第2スエズ運河を建設することだろう。当然、99年間の借地条件で、中国も韓国も経済力を鼓舞し、何でもできると錯覚している。


 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。