アイコン BTS事務所HYBE ジャスティン・ビーバー所属の米イサカ買収 10.5億ドル

Posted:[ 2021年4月 4日 ]

韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所のビッグヒットエンターテインメントが、米メディア企業イサカ・ホールディングスを10億5000万ドル(約1160億円)で買収する。

米進出を機にビッグヒットエンターテインメントは社名を「HYBE」に変更しており、米音楽プロデューサーのスクーター・ブラウン氏が最高経営責任者(CEO)を務めるイサカを買収する。イサカの株の一部を保有する米投資会社カーライル・グループもHYBEに売却する。

HYBEがソウルで2日公表した届け出資料によれば、同社はイサカの株主と社債保有者に計10億5000万ドルを支払う。




イサカHDは、世界的スターのジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデらが所属する「SBプロジェクト」や、テイラー・スウィフトを発掘した「ビッグ・マシン・レーベル・グループ」などを傘下に持つ。
同社の買収はHYBEによる初の本格的な米市場進出となる。

発表資料によると、ブラウン氏はHYBEの取締役会入りする。ブラウン氏はHYBEのシステムを称賛し、提携によりイサカのアーティストに「飛躍的」な好機が生まれると説明。HYBEのパン・シヒョク会長兼CEOは 「必然の連携」だとコメントしている。

BTSの「ダイナマイト」は2020年、ビルボードの「ホット100」で1位となった。アジアのアーティストが全米ヒットチャートの1位となったのは故・坂本九氏による1963年の3週連続以来57年ぶりだった。
以上、

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。