アイコン 元アビスパの冨安健洋選手 プレミアリーグ・強豪アーセナルに移籍

アーセナルは31日、公式ホームページで日本代表でイタリア1部リーグのボローニャに所属しているDF冨安健洋選手を長期契約で獲得したと発表した。


スクロール→

DF 冨安健洋選手

三筑キッカーズ(福岡市博多区三筑)

小学5年、バルセロナスクール福岡校

小学6年、ナショナルトレセンに選出

アビスパ福岡ジュニアユース

 

所属

出場数

20152017

アビスパ福岡

45

20182019

ベルギー、シント=トロイデンVV

27

20192021

イタリア、ボローニャFC

60

2021

イギリス、アーセナルFC

 

 

 

冨安選手は福岡市出身の22歳。
1メートル87センチの長身を生かした競り合いや1対1の強さに加え、スピードも持ち合わせている総合力の高いディフェンダー。
2016年のシーズンにアビスパ福岡の下部組織からトップチームに昇格し、2018年にはベルギー1部のシントトロイデンに移籍。
2019年のシーズンには、イタリア1部のボローニャに移籍し、要所で見せる攻撃参加などでも高い評価を得て、レギュラー定着。
冨安選手は、年齢制限のない日本代表でも、キャプテンの吉田麻也選手とともにセンターバックの不動のレギュラーで、東京オリンピックにも出場した。
ワールドカップアジア最終予選のメンバーにも選ばれている。

アーセナルのアルタテ監督は「冨安選手は落ち着きがあり、高い技術を持った優れた選手で、重要なメンバーとなるだろう。代表活動から戻りチームに合流するのを楽しみにしている」とコメントしている。アーセナルはプレリミアリーグで3回優勝した経験がある強豪チーム。
しかし、今シーズンは、開幕してから3試合で9失点するなど全敗で最下位となっていて守備の立て直しが課題となっていた。
F Wだけが目立つ欧州サッカー、きらり光ってもらいたい。

[ 2021年9月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧