アイコン ファイザー製ワクチンとインド変異株でも2回接種で有効率88% 英国株は93%

Posted:[ 2021年5月24日 ]



英イングランド公衆衛生庁は23日までに、
米ファイザーワクチンはインド株に対して1回目で33%、2回目で88%の有効率だったと報告した(2回目の2週間後の調査)。
米ファイザー製は英国株では2回目で93%の有効率だった。

アストラゼネカ製(AZ製)では、2回接種でインド型が60%、英国型が66%となった。
ただ1回の投与だけでは、ファイザー製、アストラ製ともに3週間後の時点での予防率はインド型が33%、英国型が50%にとどまった。
ファイザー製をめぐっては、横浜市立大の研究チームも5月12日、2回接種した人の約9割に、変異株への感染を防ぐ中和抗体があったと発表していた(日本での変異株はほとんどが英国株が対象)。
以上、


こうしたデータが発表されても、まだ2回目接種が人口の1.95%に過ぎない日本では蚊帳の外のようだ。インド株は英国株に比べ、さらに悪玉とされ、現在の感染者数を最大限押さえ込み、インド株については、発生の近隣住民や接触者を根こそぎPCR検査し、陽性者を隔離し、さらに感染者が生じないように封じ込めるしかない。

ただ、日本は感染検査でコロナウイルスの感染拡大を防止するという考え方そのものがない。
感染した人を陰性になるまで自宅や施設に隔離(甘い療養)させ、発症した人は病院が空いていれば入院させているに過ぎない。韓国と日本の感染者数の違いはその考え方の違いだけだ。



 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。