アイコン 中止「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2021」 行政は全額補償せよ

Posted:[ 2021年7月 8日 ]

ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2021。
開催地:国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)、
開催日:2021年8月7日(土)・8 日(日・祝)・9日(月・振休)/14日(土)・15日(日)にて開催!

ところが、「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2021」の開催を中止すると発表した。
その中止のリリースは次のとおり。
「私たちは、コロナ禍に於ける安全なフェス実現の為に1年以上の長い時間をかけて開催スキームを検討してきました。
そして、会場である国営ひたち海浜公園、地元自治体の茨城県やひたちなか市と協議を重ねて開催の承認をいただき、券売を始めています。
すでにソールド・アウトした日も出ています。そうしたなかでの中止は残念というか、無念としか言えません。
しかし私たちに他の選択肢はありませんでした。楽しみにしていた参加者の方には本当に申し訳ありません。
ご理解いただければと思います。




7月2日(金)に、茨城県医師会の代表の方がフェス主催者である茨城放送の本社に来られました。
そこでフェスに対する要望書を茨城放送の代表に手渡され、受け取ったところを写真に撮っていかれました。
その要望書には、このコロナ禍にあってフェス開催に懸念と危機感を持たれていると書かれていました。
その認識を踏まえて、ふたつの要請が私たちに出されました。

ひとつ目は「今後の感染拡大状況に応じて、開催の中止または延期を検討すること」でした。
開催1ヶ月前になり、フェスの準備の多くは既に進んでいます。
グッズの制作、スタッフの確保、宿泊の手配、関連映像の制作、装飾物のデザイン・制作などです。
今、中止を決定しても億以上の支出になります。それは日に日に何千万円の単位で増えていき、最終的には大変大きなものになります。
参加アーティストは40いますが、このフェスの為のみのグッズ制作、リハーサル、スタッフの確保、サポートメンバーの確保、映像制作がそれぞれ進んでいます。
トータルに考えると巨額な経費が既に使われ、このまま進むとそれはより膨らんでいきます。
私たちはこうしたことを踏まえ開催を判断していかなければなりません。
「感染拡大状況に応じて、開催の中止や延期」という要請が出ている中で、これ以上判断を先に延ばすことは余りにもリスクが大き過ぎます。」
としている。
以上、

中止させたところは、すべての損害費用について、負担すべきではないだろうか。
行政が損害を補償しなければ、日本の音楽シーンを潰してしまおう。それでなくてもミュージシャンたちは1年半にわたり活動が大きく損なわれており、収入も激減、生活困窮者が大量に出ている。
マスク着用は当然なことながら、現場の防疫対策、入場者数制限やソーシャルディスタンスをとらせるなど選択肢があったはずだ。
茨城県全体での感染者数は、ここ1ヶ月20~30人台で推移している。

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。