アイコン 熊谷組 17/3期決算 大増益 受注状況付

スポンサード リンク
 

同社の当期の土木事業は、売上高は前期比1.5%増の915億円、営業利益は▲12.6%減の63億円、営業利益率は6.8%。

建築事業は、売上高は同比2.7%増の1822億円、営業利益は16.2%増の147億円、営業利益率は8.0%になったとしている。
 主な完成工事は、
土木では、国道45号山田第2トンネル、八鹿日高道路三谷トンネル(北側)工事、北陸新幹線糸魚川保守設備設置など
建築では、柏の葉キャンパス148街区計画東棟、イオン伊豆もショッピングセンター新築工事、関空2期地区新旅客ターミナルビル新築工事など
熊谷組
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
当期利益
14/3
328,900
6,608
2.0%
6,791
4,299
15/3
362,090
16,104
4.4%
15,658
5,458
16/3
343,647
24,540
7.1%
25,772
12,092
17/3
344,706
25,135
7.3%
25,358
16,433
17期/16期比
0.3%
2.4%
 
-1.6%
35.9%
18/3期予想
359,300
21,000
5.8%
20,800
14,600
18/3予/17期
4.2%
-16.5%
 
-18.0%
-11.2%

 

受注状況 2017年3月期 単体
単体/百万円
受注額
前年同期比
土木官庁
46,421
-13.4%
土木民間
57,278
2.6%
土木海外
18
-13.9%
↑土木計
103,717
-5.3%
建築官庁
14,471
-64.2%
建築民間
165,885
15.4%
建築海外
635
 
↑建築計
180,991
-1.7%
国内官庁
60,892
-35.2%
国内民間
223,163
11.8%
海外工事
653
 
工事合計
284,708
-3.0%
受注合計
284,708
-3.0%
 
受注残(単体)(海外含む)
単体/百万円
3月期末残
前年同期末比
土木官庁
85,020
-6.6%
土木民間
66,116
38.2%
土木海外
35
-54.8%
↑土木計
151,171
8.8%
建築官庁
29,138
-27.9%
建築民間
155,484
7.3%
建築海外
481
-52.3%
↑建築計
185,103
-0.6%
国内官庁
114,158
-13.2%
国内民間
221,600
15.0%
海外工事
516
-52.5%
工事残合計
336,274
3.4%
総合計
336,274
3.4%

 

[ 2017年5月16日 ]
スポンサード リンク
 

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ