sponsored

27日、滋賀県の彦根市立病院は昨年10月に脳神経外科で手術を受けた市内に住む70歳代後半の女性が、出血性ショックで死亡したと発表、脳動脈瘤(りゅう)を下垂体腫瘍と誤診したことが原因で、遺族に対し2700万円の慰謝料を支払うとしている。

以上報道より参照

高齢者になると、明らかに誤診でも騒がない親族が多いが、日本人の良いところなのか悪いところなのか。

 

誤診原因で手術女性死亡 滋賀・彦根市立病院
11/27(月) 15:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000022-kyt-soci

 滋賀県の彦根市立病院は27日、昨年10月に脳神経外科で手術を受けた市内に住む70歳代後半の女性が、出血性ショックで死亡したと発表した。脳動脈瘤(りゅう)を下垂体腫瘍と誤診したことが原因で、遺族に対し2700万円の慰謝料を支払うとしている。
 同病院によると、女性はめまいやふらつきを訴えて市内の別の病院を受診し、市立病院へ転院。CTスキャンなどから下垂体腫瘍と診断され、切除手術を受けた。手術中に動脈瘤が破裂して出血、翌日に死亡したという。