アイコン 全国暴風大荒れ 海上大しけ 吹雪・大雪 今シーズン最強の寒気団 日本襲来

スポンサード リンク

気象庁が1月9日05時18分発表した気象情報によると、9日から12日頃にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となるため、北日本を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけ状態。
暴風雪や高波に警戒し、大雪やなだれに要注意・要警戒。

[気圧配置など]
 低気圧が秋田沖にあって、急速に発達しながら東北東へ進んでおり、9日朝には北海道の南東海上へ進む見込み。
低気圧は、9日午後には千島近海に達し、その後もさらに発達するため、日本付近は冬型の気圧配置が強まる。また、9日夜以降は、北日本の上空約5000メートルに、氷点下36度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置は12日頃にかけて続く見込み。

[防災事項]
<暴風雪・暴風・高波>

 9日昼前からは、北日本の日本海側を中心に雪や雨を伴った非常に強い風が吹き、9日夜から12日頃にかけて、強い寒気が流れ込むため、猛ふぶきとなる所がある。
また、9日から10日にかけて、海は北日本を中心に大しけとなる見込み。

 10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  北海道地方      25メートル(35メートル)
  東北地方       23メートル(35メートル)
  北陸地方       22メートル(35メートル)

 10日にかけて予想される波の高さは、
  北海道地方、東北地方、北陸地方 6メートル。

 北日本の日本海側を中心に、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に要警戒。

<大雪>
 9日午後から12日頃にかけて、北日本の日本海側を中心に大雪となる所がある。
大雪による交通障害やなだれに要注意・要警戒。

 10日6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、
  北陸地方            50センチ
  北海道地方、東北地方、東海地方 40センチ。

<なだれ・着雪>
 秋田沖の低気圧に向かって、暖かい空気が流れ込んでいるため、北日本や東日本の積雪の多い地域では雨の降っている所が多くなっている。
 9日は、積雪の多い地域では、なだれに要注意い。

 北日本では、湿った雪の降っているところがある。雨の降っているところも9日午後は次第に雪に変わるが、湿った雪となる。 北日本を中心に着雪に要注意。
以上、

北部九州は暴風状態、今後東へ移動することから、すでに大荒れになっている中国・近畿・北陸・東北・北海道はさらに大荒れに。すでに北陸や東北の日本海側などでは警報が発令され、ほかの地域でも注意報が発令されている。
また、今シーズン最強の寒気団が日本全体を覆うことから、停電にも備える必要があり老人などの寒さ対策や暴雪対策、暴風対策が必要。

0109_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年1月 9日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ