アイコン 米FBIが事前通報2件に対応せず 17人死亡のフロリダ銃撃事件 レイ長官遺憾だと

 

 

米FBI=連邦捜査局は、南部フロリダ州パークランドの高校で14日、17人が射殺された銃乱射事件で逮捕された同高校の元学生ニコラス・クルーズ容疑者(19)が、学校で銃撃事件を犯す危険性があると先月5日に通報を受けていたものの捜査に至らなかったとして、過ちを認めた。
捜査に至らなかった詳しい原因は調査中だとしているが、FBIのレイ長官は声明で「非常に遺憾だ」として過ちを認め、事件の被害者や遺族にも状況を説明したとしている。

今回の事件では昨年9月にも、動画投稿サイト、ユーチューブに「ニコラス・クルーズ」という名前で「プロの学校銃撃犯になる」というコメントが載せられているという通報がFBIにあったものの、FBIは人物の特定には至らなかったと説明している。しかし、一部の専門家からは、仮名ではなく実名なのになぜ容疑者を特定できなかったのかという批判も出ていて、FBIに対する批判が強まることも予想される。アカウントもFBIならすぐ調べられる。
以上、報道参照

スポンサード リンク

FBIは当2件とも捜査しなかったのが実情のようだ。えてして、こうした捜査をしなかった案件に限って大きな問題となる。
 米トランプは昨年6月、(ロシアゲート事件捜査中の)FBIジェームズ・コミー長官を解任(大統領がFBI長官を解任した前例は1人しかいない)して、クリストファー・レイ元司法次官補を長官に就任させていた。・・・こんなことばかりするから、FBIの捜査官も指揮系統が乱れ、いいころ加減になっているのだろう。

スポンサード リンク
[ 2018年2月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ