アイコン ジャパンライフ(株)(東京)/破産手続き開始決定 負債額約2400億円

 

 

磁気ネックレスのマルチ商法のジャパンライフ(株)(東京都千代田区西神田2-8-5、代表:山口隆祥)は、債権者から破産の申し立てを受け、3月1日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、保全管理人の高松薫弁護士(電話03-3595-7070)が選任されている。

負債額は約2,405億円。

預託者数は6,855名。

預託残高は1,714億円。

全国の弁護士が名古屋市で「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」(代表:石戸谷豊弁護士)を立ち上げ、元顧客22名(申立債権額4億5157万円)が2月9日、東京地方裁判所へ破産を申し立てたもの。

スポンサード リンク

同社は昭和50年3月設立 1本100万円もする磁気治療器の磁気ネックレスや化粧品・羽毛ふとんなどの販売会社だが、マルチ商法の預託商法を取り入れていた。

平成28年3月期には約248億円の売上高を計上。しかし、消費者庁から平成28年12月、平成29年3月と立て続けに預託法や特商法違反で行政処分を受け、売上高は平成29年3月期約235億円へ減少。さらに、消費者庁から平成29年11月に3度目、同年12月にも異例の4度目の行政処分を受けていた。その12月には銀行で2度目の手形・小切手決済ができず、銀行取引処分を受け、事実上破綻状態に至っていた。

消費者庁が調査に入り、要請した公認会計士の決算仕訳では、平成29年3月期時点で▲338億円の債務超過を指摘され、負債額は2,405億円とされていた。

これと前後して12月12日に財産隠し・詐害行為とみられる本社不動産を売却、12月15日には山口ひろみ社長が代表取締役を辞任し、山口隆祥社長が就任していた。

 

既報

http://n-seikei.jp/2017/12/japan-life-toubou.html

http://n-seikei.jp/2018/02/japanlife-tousan.html

http://n-seikei.jp/2017/12/post-48815.html

スポンサード リンク
[ 2018年3月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ