アイコン 2月の訪韓客 冬季オリンピック開催でも▲16.5%減少  韓国から海外へは3.6%増

 

 

中国の高官が平昌冬季五輪へは20万人が訪れるだろうと韓国政府高官らに話していたというが、蓋を開ければ2万人だったと嘆いていた韓国。

韓国観光公社は23日、平昌冬季オリンピックが開催された2月に韓国を訪れた外国人観光客は104万5415人で、前年同月に比べ▲16.5%減少したと発表した。減少幅は1月の▲21.7%から縮小した。

中国人観光客は34万5,341人で、前年同月比▲41.5%減少した。
日本からは▲9.1%減の16万8,241人の観光客が訪れた。観光公社は、旧正月=春節連休を利用して日本を旅行する韓国人が増え、航空座席が不足したこと、平昌五輪期間中に韓国旅行商品の価格が上がり、日本人の旅行需要が減退したことを要因に挙げた。

スポンサード リンク

 台湾からの観光客は16.1%増の8万8,076人、香港は37.3%増の5万590人と集計された。中華圏の春節(旧正月)連休により海外旅行需要が急増した。
一方、2月に海外旅行に出掛けた韓国人は前年同月比3.6%増の231万1,009人だった。
以上、

THAAD配備における韓国への中国の観光制裁は、昨年1月から始まっていたが本格化したのは昨年3月、今年の3月は全体でプラスになると見られるが、中国に次ぎ2番目に多い日本人観光客が、平昌五輪で押しかけていたにもかかわらず▲9.1%も減少しているのは、何かあるのだろうか、金太郎飴のK-POPP離れでも進捗しているのだろうか。
文大統領の読みどおりだとすれば、数年のうちに北朝鮮から何十万人も毎月韓国を訪問することになろうが、どうなることやら・・・。

スポンサード リンク
[ 2018年3月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ