アイコン 横浜服装(株)(神奈川)/自己破産へ

 

 

高級婦人服製造販売の横浜服装(株)(神奈川県横浜市中区長者町2-5-14、代表:桜井絢子)は7月2日事業停止、事後処理を水谷泰朗弁護士(電話045-641-4130)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク

消費不況もあり、ファストファッションに顧客地盤を食われ、経営不振に陥っていた。

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年7月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ