アイコン (株)アスペクト(東京)/破産開始決定 ゲームソフト開発

 

 

ゲームソフト開発の(株)アスペクト(東京都豊島区東池袋3-4-3、代表:及川和行)は10月31日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、吉羽真一郎弁護士(電話03-3596-7317)が選任されている。

負債額は約6億円。

スポンサード リンク

同社は平成3年3月設立のゲームソフト開発会社。家庭用ゲーム機向け、アミューズメント施設向け、スマホ向けなどのゲームソフトを開発していた。しかし、主力とするアミューズメント施設向けが、リーマン・ショック以降、ゲーム業界が不況期に入り、以前は約8億円の売上高を計上していたものの、平成29年4月期には4億円台まで売上高を落とし、ソフト開発にかかわる人件費は人手不足もあり急騰、採算性も悪化させ、経営不振に陥っていた。

主な配信ゲームは『突破 Xinobi Championship(シノビ チャンピオンシップ)』など。

 

スポンサード リンク
[ 2018年11月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ