アイコン ユニクロ・ファーストリテイリング8月決算 増収増益

 

スポンサード リンク
 

韓国でひどい目にあっているユニクロ、いずれボイコットジャパンも覚めるだろうが、ネット世界を牽引する青年の非就労者割合が3割を超えており、暇をもてあましSNSに書き込み続けることから、また反日ユーチューバーで稼いでいることもあり、異常高熱のボイコットジャパン病は不治の病かもしれない。

また、文在寅氏もお友達の金正恩が遊んでくれず、足下ではチョ・グク問題、経済問題で行き詰っており、困った時の日本タタキは過去の大統領たちの常套手段、再びボイコットジャパンを盛り上げ、感染拡大させる可能性もある。
ユニクロは韓国では日本の流通の代表格としてさらされている。
ただ、ファーストリテイリングそのものは、ボイコットジャパンを今のところ気にしていない。
8月決算は、順調に売上高・利益とも伸ばしている。海外は初の1兆円超となった。
 
ファーストリテイリング
 
売上高
営業利益
セグメント
/億円
前期比
/億円
前期比
営利率
国内ユニクロ
8,729
0.9%
1,024
-13.9%
11.7%
海外ユニクロ
10,260
14.5%
1,389
16.8%
13.5%
GU事業
2,387
12.7%
281
139.2%
11.8%
Gブランド事業
1,499
-2.9%
36
(41赤)
2.4%
調整
-30
 
-154
 
 
合計
22,905
7.5%
2,576
9.1%
11.2%
 
ファーストリテイリング=ユニクロ
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
税前利益
株主利益
16/8期
1,786,473
127,292
7.1%
90,237
48,052
17/8期
1,861,917
176,414
9.5%
193,398
119,280
18/8期
2,130,060
236,212
11.1%
169,373
154,811
19/8期
2,290,548
257,636
11.2%
252,447
162,578
19期/18期比
7.5%
9.1%
 
4.0%
5.0%
20/8予
2,400,000
275,000
11.5%
275,000
175,000
20予/19比
4.8%
6.7%
 
8.9%
7.6%

 

[ 2019年10月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ