アイコン 鬼滅効果で東宝 純益50億円増へ上方修正 ただ前期より▲38%ダウン 新コロナ直撃弾

 

 

鬼滅

東宝は12日、2021年2月期連結業績予想を鬼滅効果により上方修正した。

昨年10月に公開したアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が記録的ヒットとなったことが寄与した。

売上高に当たる営業収入を1650億円から210億円増の1860億円に、純利益を90億円から50億円増の140億円にそれぞれ引き上げた。

鬼滅の刃の国内興行収入はこれまでトップだった「千と千尋の神隠し」を超え歴代1位になり、映画事業を押し上げた。

新コロナ感染急拡大で再発令の緊急事態宣言、映画館の営業時間は午後8時までの営業時間短縮にとどまり、現時点で影響は限定的と判断した。

↓東宝の業績予想


スクロール→

 

19/2

20/2

21/2

連結/百万円

実績

前回予想

今回予想

売上高

246,274

262,766

165,000

186,000

営業利益

44,982

52,857

14,000

19,000

経常利益

46,568

55,068

15,500

21,000

当期利益

30,197

36,609

9,000

14,000

 

[ 2021年1月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産