アイコン タマホーム 新コロナ下 受注好調 業績上方修正

タマホームの上半期決算の発表によると、営業利益は42.4億円で前年同期比3.0%増益となり、通期予想は新コロナの影響を受けるとして従来の75億円だったが、90億円にまで上方修正した。

住宅事業の受注が好調なほか、リフォーム事業、戸建分譲事業なども好調に推移しているという。

年間配当金も従来計画60円から75円に引き上げ、前期比では一転して5円の増配となる。12月受注も前年同月比37%増と増勢基調が続いているとしている。

受注が好調であり通期の上方修正もありだろう。

同社はCM量が増えれば好調の証となっている。

 

スクロール→

タマホーム

連結/百万円

売上高

営業利益

←率

経常利益

株主利益

20年2四半期

99,263

4,113

4.1%

3,988

2,509

21年2四半期

98,634

4,237

4.3%

4,206

3,147

 前期比

-0.6%

3.0%

 

5.5%

25.4%

今期予想

210,000

9,000

4.3%

8,900

5,200

 前期比

0.4%

-8.8%

 

-8.8%

1.8%

20/5

209,207

9,754

4.7%

5,109

5,109

19/5

186,874

7,366

3.9%

6,955

3,934

18/5

167,915

4,653

2.8%

4,029

2,047

 

[ 2021年1月15日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産