アイコン フィアットFCA プジョーPSAと経営統合交渉 自動車業界再編

 

スポンサード リンク
 

イタリア系の自動車メーカーFCA=フィアット・クライスラーが、フランスのPSA=プジョー・シトロエンと、経営統合に向けた交渉を行っていると米紙WSJが29日伝えた。株式交換による対等合併を検討しているという。

FCAは、今年5月、フランスのルノーに経営統合を提案した経緯があるが、この時は、フランス政府の反対で、統合は実現していない。
経営統合が実現すれば、販売台数870万台の世界第4位の自動車グループになる。

ジープを持つ米クライスラーを抱える北米市場での売上高が大きいFCAは、今年5月、日産と提携しているフランスのルノーに対して、経営統合を提案したが、結局、フランス政府の反対もあって実現しなかった。

プジョー・シトロエンは、フランスを拠点としているが、フィアット・クライスラーとは、すでに合弁で工場を作るなど提携関係にあり、今年初めには、両社が統合を模索していたと伝えられていた。

完全自動運転車や電気自動車など巨額の開発資金が必要となる中でフィアット・クライスラーは、自動車業界の再編に積極的だとされており、交渉の行方に関心が集まる。

日本でもトヨタ(ダイハツ・日野含む)を核にスバル・マツダ・スズキが提携、EV開発や自動運転車開発で資本業務連携している。

ホンダは自主路線、GMなどと事業提携しているものの、日本の軽自動車を除き、昔のような勢いはなく、活路を中国とジェットに求めているようだが・・・。今の経営陣にカリスマ性がなく暗い。


 

[ 2019年10月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ