アイコン コロプラ 9月決算 減収大減益 白猫黒猫ネズミを獲らなければ・・・

 

スポンサード リンク
 

同社は2019年9月奇の決算について、スマートフォン向けの既存ゲームについてはユーザとのエンゲージメントを高めることを意識し、新規ゲームについては、その投入に向けて注力した。

また、VR端末向けコンテンツへの注力も進めており、様々な開発実験を行ってきた。
売上の多くを占めるスマートフォン向けゲームでは、当連結会計年度において、台湾・香港・マカオ向けに「アリス・ギア・アイギス」「ディズニーツムツムランド」の配信を開始した。
 
また、国内向けに「バクレツモンスター」「最果てのバベル」およびスクウェア・エニックスとの共同開発タイトル「ドラゴンクエストウォーク」の配信を開始した。
 
「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」や「白猫プロジェクト」といった既存ゲームにおいては、TVCMやオンライン動画プラットフォームのプロモーションに加え、グッズの製作、リアルイベント等を実施することでユーザとのエンゲージメントを高めるサービス運用をしてきた。
また、「アリス・ギア・アイギス」PC版の配信を開始し、スマートフォン以外のデバイスへの
展開を進めた。
VR端末向けコンテンツでは、OculusRiftおよびHTCVive向けに「TITANSLAYERII」
パッケージ版の配信を開始した。
また、全社的な取り組みとして創業10周年を記念した「コロプラフェス2018」を開催した。「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」や「白猫プロジェクト」といった人気タイトルをはじめ、創業時からのサービスである「コロニーな生活」や最新のVRゲームなど、さまざまなタイトルのステージやブースを展開し、たくさんの方々にご来場いただいたとしている。
以上、
 
悪化原因については、触れていない。反省・総括しなければ先には進めない。

 

コロプラ  9月決算 
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
株主利益
18/9
45,776
6,952
15.2%
6,097
4,192
19/9
38,920
2,952
7.6%
1,655
1,070
19期/18期比
-15.0%
-57.5%
 
-72.9%
-74.50%
20/9期予想
未公表
 
 
 
 
18/9
45,776
6,952
15.2%
6,097
4,192
17/9
52,246
12,932
24.8%
12,901
8,691
16/9
84,730
31,855
37.5%
 
 

 

[ 2019年11月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ