sponsored

韓国は口コミなどに感化されやすく、流行に非常に敏感なお国、若い男性の髪型はチョ・グクスタイルで統一されているほど。

市場に出回っている一部電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基準を上回る放射性物質「ラドン」が検出されたため、韓国政府は16日にこれらの回収を命じた。
韓国の原子力安全委員会は16日、
韓国水脈教育研究協会が製造したパッド、
エイチビーエスライフ(旧スリム&スリム社)社製の枕1種、
ネガボメディテック社製の電気マット1種、
ヌガヘルスケア社製の布団1種、
バーズ社製のソファ1種、
ディーディーエム社製の女性用下着1種、
オシンプラス社製のマット1種、
カンシルジャンカンパニー社製の電気マット1種
について回収命令を下したと発表した。

2013年から19年5月までに販売された基準を上回る製品の数は8149点となった。
原子力安全委員会の調査によると、これらの製品はラドンを発生させるマイナスイオン物質(モナザイト)を使用し、年間の被ばく量換算で基準値の1ミリシーベルトを上回るラドンが検出されたという。
とりわけ、韓国水脈教育研究協会のパッドからはラドンが基準値の29倍を上回る29.74ミリシーベルトも検出されたという。

今回、回収される製品は改正生活放射線法施行日(7月16日施行)以前に製造されたもので、この法律は身体接触が多い「身体密着型」製品へのマイナスイオン物質の使用を禁止している。
以上、韓国紙参照
これらはマイナスイオン製品、日本にも輸入されている可能性もある。経産省や消費者庁はチェックが必要。