福岡市天神4丁目の都久志会館が来年11月3日で閉館されることになった。

福岡県教職員互助会が約40年間、管理運営してきたが老朽化のため役割を終える。本年度中に建物や跡地の売却先を決める方針。
1979年に開館。6階建、地下2階、延床面積約4800平方メートル。570席のホールや13の会議室がある。
一帯では「比較的安い料金」で利用され、コンサート、憲法や社会問題の集会、講演会、映画試写会といった多様な文化事業や催しに利用されてきた。
ホールの規模は、ライブハウスと大規模なコンサートホールの中間で、「めんたいロック」で一世を風靡したバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」もステージを利用した。また、「翼の折れたエンジェル」の中村あゆみさんはデビュー当初に利用し、今年8月のデビュー35周年ライブの場にも選んだ。
 会館の運営・維持には、多額の費用を要する大規模改修が必要で、互助会の他事業に影響するため、今月になって閉館を決めた。
以上、
 
昔は映画の試写会が頻繁に行われ、よく行かせてもらったものだ。造りはよくなかったが、交通の利便性が高く、安価だったことから、いろんな講演会も行われていたようだ。
sponsored

追、話は変わるが、・・・

福岡は10年ごとに大きく変貌を遂げている。現在は昭和30年前後~40年頃までに建てられた天神地区の建造物の大再開発が経済特区認定により、市が天神ビッグバーン構想を打ち上げ、行われている。
ますます、九州における福岡市への一極集中が加速する勢い。一方で、限界集落どころか限界市町村が多発することになる。
建物寿命は40年、2060年には日本の人口は12,700万人から8,600万人まで減る。高齢化率も2050年まで上昇する。
 
<人口減少を食い止めるには・・・>
国会議員の半分を強制的に女性に割り当てた場合、予算配分が現在とまったく異なるようになり、女性が子供を産める環境が醸成され、勤労者の所得も上昇すると見られ、人口減少は著しく鈍化する可能性が高い。
そうして強制的に女性に割り当てた国もある。
ただ、男女平等の教育が行き届いているようでまったく行き届いていない日本の男性の意識、女性に務まるかは未知数。
市町村や県単位で実施しても面白いのではないだろうか。やってみなはれ。
 
 
日本の人口推移(九州)/国立・人口問題研究所版
 
2015年
2045年
2015年
2045年
 
千人
千人
45/15比
65歳以上
福岡県
5,102
4,554
-10.7%
25.9%
35.2%
佐賀県
833
664
-20.3%
27.7%
37.0%
長崎県
1,377
982
-28.7%
29.6%
40.6%
熊本県
1,786
1,442
-19.3%
28.8%
37.1%
大分県
1,166
897
-23.1%
30.4%
39.3%
宮崎県
1,104
825
-25.3%
29.5%
40.0%
鹿児島県
1,648
1,204
-26.9%
29.4%
40.8%
合計
13,016
10,568
-18.8%