アイコン パルコ「津田沼パルコ」と「新所沢パルコ」を閉店へ

J.フロント リテイリングの発表によると、子会社でファッションビルを展開する「パルコ」は、千葉県船橋市「津田沼パルコ」と埼玉県所沢市の「新所沢パルコ」の2つの店舗について、周辺の店との競争が激しくなり、収益の低下が見込まれるとして、2年後と3年後に閉鎖すると発表した。

それぞれの店舗で働く計20人の社員は配置転換を行うとしている。
「津田沼パルコ」は、1977年に開業、津田沼駅周辺の再開発に伴ってほかの商業施設との競争が激しくなり、店舗の賃貸契約が満期を迎えるのを機に閉店を決めたという。
また、1983年に開業した「新所沢パルコ」は、周辺の店舗との競合に加え、今後予定されている所沢駅周辺の大規模再開発で競争がより激しくなり、収益の低下も見込まれることが閉店の要因だとしている。

 

<閉店計画日>
「津田沼パルコ」は2023年2月末
「新所沢パルコ」は2024年2月末
以上、

パルコの社員は20人だろうが、ファッションビルには多くの販売店が入居しており、多くの店舗従業員が働いている。Jフロントはそれは知らんと言いたいのだろう。新コロナ後、母体の百貨店はインバウンドが回復しても、疲弊した消費者の回復はほとんど見込めず、イオンよりケチくさくなるのかもしれない。何が正解だったのかわからなくなってくる。

[ 2021年2月25日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産