アイコン 追報:(有)ヴィラ一の瀬(長野)/破産手続き開始決定 負債4億

 

スポンサード リンク
 
 

既報。スキー客に人気のある宿泊施設「ヴィラ一の瀬」経営の(有)ヴィラ一の瀬(所在地:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏*** )は1月10日、長野地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

停止時の負債額は約4億円。

同社は昭和39年3月設立の志賀高原一ノ瀬地区の宿泊施設「ヴィラ一の瀬」の経営会社。

スキー客の宿泊施設として人気があるが、不況が続き、スキー客の減少や競争激化で売り上げ不振が続き、過去の大規模改修工事にかかわる借り入れ負担も大きく、経営を断念、「ヴィラ一の瀬」の運営をクリエイト志賀(株)に譲渡し、同社は今回の措置となった。

破産管財人には、小林泰弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年4月16日午前10時15分。

事件番号は令和元年(フ)第214号となっています。

 

既報記事
追報:(有)ヴィラ一の瀬(長野)/弁護士一任 ホテルは別会社で継続 志賀高原

 

 

 

 


 

[ 2020年1月30日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産