アイコン 追報:アングラーズデザイン(株)(東京)/破産手続き開始決定 フィッシング用品専門ブランド「Anglers-Design」

 

スポンサード リンク
 
 

既報。令和元年12月16日に事業停止していた、フィッシング用品のアングラーズデザイン(株)(所在地:東京都台東区千束***)は2月19日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約1億円。

資本金は500万円。

同社は平成22年3月設立のフィッシング用品専門ブランド「Anglers-Design」を展開し、卸とネット販売事業を展開していた会社。

自社ブランドでウェーダー、ライフジャケット、雨具などのウエア類やシューズ、バッグなどフィッシング向け高機能・高品質の製品を取り扱っていた。

釣専門店への卸やネット販売を手がけていたが、国民にとって所得が増えぬ空騒ぎの景気のとどの詰まり消費不況、復活しそうだった釣ブームも縮み、同社は販売不振から業績を悪化させ債務超過に至り、資金繰りにも窮するようになっていた。

破産管財人には大迫惠美子弁護士が選任されている。

 

既報記事
フィッシング用品のアングラーズデザイン(株)(東京)/自己破産へ

 

0227_06.jpg

 

[ 2020年2月27日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産