アイコン 駒沢オリンピック公園を改修工事をしていた奥井建設(株)が破産手続き開始決定(東京) 負債約28億

 

スポンサード リンク
 
 

土建工事業の奥井建設(株)(所在地:東京都足立区梅田2-9-4 代表:奥井正彦氏ほか)は3月23日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。破産管財人には高松薫弁護士が選任されている。

負債総額は約28億円。

資本金は9000万円、従業員は90名。

同社は昭和22年創業の建設工事会社。同社は老舗の看板により多くの公共工事を受注し、東日本大震災では現地に事業所も構え、令和元年10月期には54億円以上の売上高を計上していた。しかし、平成30年1月、東京都より受注した「駒沢オリンピック公園総合運動場硬式野球場」の増築・改修工事で問題が生じ、東京都からの入金がなされず、協力の下請業者への支払いに支障が生じ、こうした業者から請求訴訟を起こされ、信用低下、人手不足もあり受注も急激に低迷し、資金繰りにも窮し、今回の事態にいたった。

追、これまで自己資本が積み上がっておらず、問題工事に対する自己資本が少なすぎたようだ。

 

奥井建設(株)の財務内容と業績 平成30年9月期/千円

流動資産

4,226,842

流動負債

2,687,489

 

 

固定負債

1,354,980

固定資産

414,888

自己資本

599,261

 

 

(資本金)

90,000

総資産

4,641,730

負債+資本

4,641,730

売上高

粗利益

経常利益

自己資本率

5,612,410

557,270

117,194

12.9%

・建築、土木工事など地場ゼネコン

 

[ 2020年3月24日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産