アイコン 旧(株)エムグラント・フードサービスの(株)MFS(東京)/自己破産へ 「ロードサイドのハイエナ」

 

スポンサード リンク
 
 

旧商号(株)エムグラント・フードサービスで飲食系フランチャイズ事業展開していた(株)MFS(所在地:東京都渋谷区道玄坂2***)は2月28日、事業を停止して事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

負債総額は約4.6億円。

資本金は5000万円。

同社は平成18年9月設立の「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」店の運営会社。同店を店舗展開、ほかに「ふらんす亭」など複数の飲食店を展開し、FC展開も行っていた。平成24年3月期には約225億円の売上高を計上するまで成長させていた。

しかし、いきなりステーキなど同業者が相次いでステーキ店事業に参入して競争激化。直営店舗の閉鎖やFC店の撤退などに追い込まれ、平成28年期の売上高は約26億円まで減少、昨年7月に「ふらんす亭」事業を(株)ふらんす亭に、「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」の事業を(株)ジー・テイストにそれぞれ譲渡し、同社は(株)エムグラント・フードサービスから(株)MFSに社名変更し、今回の処置となった。

代表は「ロードサイドのハイエナ」と呼ばれ、良くメディアに露出しており有名でもあった。  

 

 

 

[ 2020年3月 2日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産