アイコン シアトルで日本人女性が暴行を受け重傷 石の入った靴下で顔面を強打

Posted:[ 2021年3月25日 ]

アメリカ国旗

<シアトルの中華街で日本人女性が何の前触れもなく見知らぬ男に襲われ、石の入った靴下で顔面を強打された。容疑者は近くにいたパートナーの男性をわざわざ避け、彼女をターゲットにして襲いかかった>

ショッキングなニュースが、シアトルの日本人コミュニティを襲った。シアトルの「中華街-インターナショナル・ディストリクト」で、日本人女性が見知らぬ男にいきなり襲われ重傷を負ったのだ。3月3日付けの地方テレビ局「KIRO7」の報道によると、シアトル東部の公立高校の日本語教師である日本人女性、那須紀子さんが、2月25日の夜、パートナーの男性と道を歩いていたところ、何の前触れもなくいきなり見知らぬ男に襲われ、石の入った靴下で顔面を強打された。【長野弘子(ジャーナリスト、米ワシントン州認定メンタルヘルスカウンセラー)】

那須さんの話によると、彼女は気を失って倒れたあと、出血による呼吸困難で意識を回復したものの、意識は朦朧として何度も気絶しそうになった。病院に搬送され、鼻や頬など広範囲にわたり複数箇所を骨折、歯も破折、頬や口、目の周りも黒く腫れ上がるほどの傷を負ったそうだ。


 




ネットの反応では・・・「黄色人種のヘイトや差別には無反応でワロタ」「黒人が白人と覇権とりあってるだけでイエローには関係ないってことか」「中華街だしコロナの所為で黄色人種に憎しみが向いてるのかね」「差別されてるからってよその国に寛大ってわけじゃあないんだよね、被差別側も」「へい!スポーツ選手!声を上げていいんだぜ」「本当にあったの?なんで報道で大々的に取り上げられないの?」などの声があがっている。

コロナの発祥は中国かもしれないが、その憎しみが個々人に向かうのは間違っている。

 

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。