アイコン (株)リプルケアーセンター(広島)/破産開始決定 管財人が施設売却へ

スポンサード リンク
 

介護サービスの(株)リプルケアーセンター(広島市西区己斐中2-23-1、代表:中村光江)は6月27日、広島地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、舩木孝和弁護士(電話082-227-5575)が選任されている。

負債額は約23億円。

同社は平成12年1月設立の訪問介護サービス会社。全国各地に事業展開し、高齢者専用賃貸マンション「リプルマンション湯来」やデイサービスの「リプルマンション世羅」などを開設していた。
しかし、入居者らから資金を集めたとして出資法違反の疑いで前代表者の中村則子氏が逮捕されるなど経営悪化が表面か、信用も失墜、事業継続が困難となり今回の措置となった。
なお、管財人は施設内には約100名が入居中で、事業継続できる譲渡先を探している

<産経新聞記事>
広島県警は(2017年)2月15日、高齢者向け賃貸マンションの入居者らから金を集めたとして、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、マンションを運営する「リプルケアーセンター」の元社長、中村則子容疑者(76)を逮捕した。
 県警は、中村容疑者が平成14年から28年までに、入居者ら約300人から計十数億円の出資を受けたとみている。
 逮捕容疑は平成16年から28年にわたり、マンションに入居する高齢者や知人の男女9人に「うちの会社に預ければ年5%の利息を支払う」などと言って出資を持ち掛け、計1億5200万円を預かった疑いが持たれている。
県警によると、中村容疑者は容疑を認めている。資金を預けていた入居者の女性が「お金が返ってくるか不安になった」と警察署に相談して発覚した。県警は昨年10月から家宅捜索などして捜査を進めていた。
以上、
代表だった中村則子は、入居者の高齢者の秘蔵のお金をむしりとった。

名称
株式会社リプルケアーセンター
住所
広島市西区己斐中2丁目23番1号
設立
平成12年1月11日
代表取締役社長
中村 則子(現在は変更)
発行済株式数
1万8898株
資本金
1億8898万円
事業本部
広島市佐伯区湯来町伏谷1361番地
世羅支店
広島県世羅郡世羅町大字小国492番地2
京都支店
京都市下京区黒内五条下る柿本町595番186号
経歴
成12年1月11日
中小企業等協同組合法に基づく法人として企業組合リプルケアーセンター設立
代表理事 中村 則子 就任
平成14年11月7日
広島市佐伯区(旧佐伯郡)湯来町にリプルマンション湯来が完成
平成19年10月20日
企業組合リプルケアーセンターを株式会社リプルケアーセンターに組織変更
代表取締役 中村 則子 就任(現在は変更)
平成24年7月1日
世羅支店現在地に移転

 

金融機関に顔が利くか、押しが利けば、安価に購入できる可能性がある。

0706_01.jpg
 

[ 2017年7月 6日 ]
スポンサード リンク
 

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ