アイコン 原宿ファッション「IRONY」の(有)アイロニー(東京)/破産開始決定

 

 

原宿レディスファッションの(有)アイロニー(東京都渋谷区富ヶ谷1-35-10、代表:浅井正美)は4月11日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、太田貴裕弁護士(電話03-3501-1938)が選任されている。

スポンサード リンク

同社は平成12年1月設立のレディースカジュアルウェア「IRONY」店舗の運営会社。神宮前やラフォーレ原宿店などに店舗を有し、平成20年7月期には約3億円の売上高を計上していた。

しかし、長引く消費不況に客足は安価なSPAに流れ、10代のお小遣いも減少して原宿ブームは過ぎ去り、同社の売上高は減少した。同社は直営店舗を撤退してネット通販やセレクトショップでの販売に移行させていたが、売上高の減少が続き今回の事態に至った。

 

スポンサード リンク
[ 2018年4月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ