sponsored

世界で航空機の需要が拡大する中、大手航空機メーカーが15日、旅客機の巨額の取り引きを相次いで発表し、欧州エアバスは5兆6000億円、米ボーイングは3兆円の小型旅客機の受注契約をまとめた。

これは、大手航空機メーカーでフランスに本社を置くエアバスとアメリカのボーイングが15日、中東のUAE=アラブ首長国連邦で開かれている航空ショーに合わせて発表した。

それによると、エアバス社は、投資会社インディゴ・パートナーズ(ビル・フランケ)の傘下のアメリカやハンガリーなどに拠点を置く格安航空会社(LCC)4社から小型旅客機「A320 neo」シリーズ430機を受注する覚書を交わした。
総額は495億ドル(約5兆6000億円)に上り、エアバス単独の取り引きとしては過去最大だという。機体カタログ価格A320neo 1億840万ドル。

また、アメリカのボーイング社は、地元の格安航空会社フライドバイから小型旅客機225機を受注する契約を交わし、総額は日本円で3兆円余りとなっている。

世界の航空機の需要は、LCCの増加や新興国の経済成長に伴って今後も大きな伸びが続くと見込まれていて、日本でも国産小型ジェット旅客機が三菱重工により開発が進められているが開発が遅れに遅れている。もうここまで遅れればゆっくり構えた方が得策だろうが、これまで予算なしの親方日の丸の三菱重工、世界では価格競争というものがあり、安価に製造することが必須条件となる。
拡大する飛行機市場にあり、部品メーカーの間でも参入を目指す動きが広がっている。