sponsored

性感染症「梅毒」の感染拡大が止まらない、今年の患者数は44年ぶりに5000人を超えたことがわかった。

国立感染症研究所によれば、今月19日までに報告された今年初めからの患者の数は5053人に上り、1973年以来、44年ぶりに5000人を超えたという。

都道府県別では東京が1561人と最も多く、次いで大阪が703人。

以上報道より参照

爆買い観光客は健康診断提出をしてから風俗へいくようにすべし。

 

梅毒患者、44年ぶりに5000人超える

 性感染症「梅毒」の感染拡大が止まりません。
 今年の患者数は44年ぶりに5000人を超えました。

 「梅毒」は「梅毒トレポネーマ」という細菌に主に性的接触によって感染し、「しこり」や「ただれ」などの症状が出るほか妊婦の場合、流産や死産のおそれがあります。

 国立感染症研究所によりますと、今月19日までに報告された今年初めからの患者の数は5053人に上り、1973年以来、44年ぶりに5000人を超えました。
 都道府県別では東京が1561人と最も多く、次いで大阪が703人となっています。

TBS News i.
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3224274.html