アイコン 広島通り魔殺人 緊急逮捕された男 「何人か殺して自分も死のうと思っていた」と供述

スポンサード リンク

1月14日午後10時15分ごろ、広島市安佐北区可部で、バス停にいた男性2人が、33歳の男に刃物で刺された。

男は現場から逃走していたが、1時間半後に緊急逮捕、「何人か殺して自分も死のうと思った」と供述しており、無差別の通り魔犯罪だったことが分かった。

被害者の70代男性は搬送先の病院で死亡、20歳の男子大学生も軽いけがを負っている。

以上報道より参照



 

広島市で男性2人が男に刃物で刺され、1人が死亡した事件で、逮捕された33歳の男が「何人か殺して自分も死のうと思った」という趣旨の供述をしていることがわかりました。

14日午後10時15分ごろ、広島市安佐北区可部で、バス停にいた男性2人が男に刃物で刺されました。腹を刺された座山則男さん(75)が搬送先の病院で死亡したほか、20歳の男子大学生も軽いけがをしました。

配信1月15日
TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3264338.htm

スポンサード リンク
[ 2018年1月15日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ