アイコン はれのひ問題 横浜市の成人式追加開催検討に賛否両論 

スポンサード リンク

はれのひ破たんによる、振り袖を着られない被害で、市民の間で成人式の追加開催の準備が進んでいるが、横浜市が救済策として検討する式典については「開いてあげてほしい」「振り袖を提供したい」といった善意の声が寄せられる一方、「税金の無駄遣いだ」と自治体が式典を計画する動きには賛否両論が出ているという。

以上報道より参照

横浜市の林文子市長は「全力で被害にあった人を支援したい」と表明したが、世論により、市幹部などが慎重に進めたいとの意見がでているという。

反対意見がでるのは当然だが、わざわざ書き込むことに釈然としない。

 

 

 

振り袖を着られない被害で、市民の間で成人式の追加開催の準備が進む中、自治体が式典を計画する動きには賛否両論が出ている。

横浜市が救済策として検討する式典については「開いてあげてほしい」「振り袖を提供したい」といった善意の声が寄せられる一方、「税金の無駄遣いだ」との厳しい意見もあり、市は民間と連携し、公金支出を抑える形での支援も模索する。

同市の林文子市長は9日、「全力で被害にあった人を支援する」と表明し、市は式典の追加開催も視野に救済策を検討していた。だが、インターネット上で市の姿勢を批判する意見が書き込まれ、市幹部は「予算面の課題を踏まえ、内部でも慎重な声が出た」と明かす。市教育委員会からは「新成人で作る実行委員会を再度集めるのは難しい」といった意見も上がったという。

2018年01月15日 08時10分
YOMIURI ONLINE 全文
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180114-OYT1T50138.html

スポンサード リンク
[ 2018年1月15日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ