アイコン ファンシーショップ全国展開の(株)パステル、(株)鶴和(福島)/民事再生申請

スポンサード リンク
 

ファンシーショップの(株)パステル(福島県郡山市喜久田町字前北原53-26、代表:鈴木直人)とファンシー商品の輸入卸業の(株)鶴和(同、同)は1月19日、申請処理を衞本豊樹弁護士(電話03-5501-2375)に一任して、福島地裁郡山支部へ民事再生法の適用申請をした。監督員には、高橋金一弁護士(電話024-935-5770)が選任されている。

負債額はパステルが約30億円、鶴和が約8億円。

パステルは平成14年2月設立のファンシーショップ経営会社、鶴和は平成1年10月設立のファンシー商品の卸会社。

元々ファンシー商品の卸業を営んでいた鶴和がパステルを設立して小売に参入、パステル名で店舗展開していた。

パステルは平成24年6月期には約39億円の売上高を計上していた。しかし、店舗展開に伴う借入負担が大きく、その後の消費不況、購入層のお小遣いの減少から売上高が減少、鶴和においてはファンシー商品の輸入も手がけていたことから、円安により仕入れコストが上昇、卸・小売とも競争激化で、売上高、採算性とも悪化させ、資金繰りに窮し、財務内容の抜本的な改善を図るため今回の申請となった。

不採算店舗と採算店舗の数量により民事再生できるかは決定しよう。不採算店舗は今回の措置で閉鎖するしかない。

静岡のメイト(株)とは現在どういう関係なのだろう。

 

会社名
(株)バステル
所在地
福島県郡山市喜久田町字前北原53-26
代表取締役
鈴木 直人
設立
平成14年2月
資本金
5000万円
決算期
6月
従業員数
380名(グループ全体 H23.10月現在)
店舗概要
グループ全体 74店舗
取引銀行
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、常陽銀行 他
取引メーカー
(株)カミオジャパン、(株)クーリア、サンエックス(株)、
サンスター文具(株)、(株)お世話や、(株)チュチュアンナ、
(株)フィッツコーポレーション、(株)シューズセレクション 他
取引先
大和ハウスグループ、東急ストア、JR東日本グループ
さくら野百貨店、ウニクス
関連会社
(株) 鶴和:福島県郡山市喜久田町字前北原53-26
メイト(株):静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2057番地

 

[ 2018年1月20日 ]
スポンサード リンク
 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ