アイコン PC教室「キュリオステーション」創業者を出資法違反で逮捕 2.3億円

スポンサード リンク

神奈川県警は17日、元本保証をうたって投資を持ちかけ、男性2人から計4100万円を集めたとして、会社役員石川仁容疑者(63/東京都世田谷区)を出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで逮捕した。

石川容疑者は、パソコン教室を全国展開している「キュリオステーション」の創業者で、2012年3月~15年12月に取締役だった。現在は退任し、別会社の役員を務めている。同県警は、投資に実態はなかったとみて調べる。

石川容疑者は15年4月~16年1月ごろ、「月利1~1・5%の特別な投資枠がある。2ヶ月前までならいつでも解約できて、元金は全額必ず返る」などと持ちかけ、千葉県船橋市の男性から4千万円、川崎市の男性から100万円を集めた疑いがもたれている。

石川容疑者は11年以降、個人で主宰するビジネスセミナーなどの参加者らに声をかけて、少なくとも計13人から約2億3千万円を集め、生活費のほか、配当金として別の出資者に回していたという。
以上、報道参照
 

スポンサード リンク
[ 2018年1月17日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ