アイコン ムーミン谷は皆さんの心の中にあり、特定国はないが正解だった

スポンサード リンク

大学入試センター試験の地理Bで人気キャラクターのムーミンを取り上げた問題について、大阪大大学院のスウェーデン語研究室は15日、ムーミン谷がどこにあるかは原作に明示されていないとして「舞台がフィンランドとは断定できない」との見解を明らかにした。

正解とされたフィンランドの在日大使館は「皆さんの心の中にある」としている。

試験問題では「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」として「ムーミン」と「小さなバイキングビッケ」を挙げ、例示した両国の言語との正しい組み合わせを選ぶよう求めた。

古谷大輔准教授(北欧史)は「スウェーデン語系フィンランド人作家がスウェーデン語で書いた一連の物語の舞台は、架空の場所のムーミン谷とされる。フィンランドが舞台だと明示されていない」と指摘。

「ビッケもノルウェーが舞台とは断言できない」とし、研究室として、舞台の国を特定した根拠の説明を求める意見書を近く同センターに提出する。

在日フィンランド大使館の広報担当者は「ムーミンが注目されることはうれしい。ムーミン谷は物語を愛する皆さんの心の中にある」とコメント。在日スウェーデン大使館の広報担当者は「北欧が取り上げられ、旅行先として周知されるのは喜ばしい」としている。〔共同〕

 以上、報道参照

 

センター試験に奇抜な問題が登場したとして話題になったのにも束の間、問題自体に問題が投げかけられている。

ねぇムーミン、教えて・・・。

なお、大阪大でのセンター試験では、係官の教授が(瞬間)居眠りを断続させイビキをかき、受験生の親から試験に集中できなかったと苦情まで届き、会場責任者とイビキ教授が処分されたというが、当該の受験者の救済措置は取られていない。

大阪大では、昨年の大学入試試験でも複数回答があることを昨年6月に指摘されながら放置し、今年6日になってやっと不合格の30人を合格と公表した。

今回、ムーミン谷の所在不明論で、大学の名誉を少し回復させたようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年1月16日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ