アイコン 2017年訪日客の消費額4.4兆円 初の4兆円越え 次の課題は「夜」???

スポンサード リンク

観光庁によると、日本を訪れた外国人旅行者が昨年1年間に買い物や宿泊などで消費した金額は推計で4兆4161億円と前年より17.8%増加した。

4兆円を超えたのは初めてで、5年連続で過去最高を更新した。これは、外国人旅行者の数が推計で2869万人と前年より19%増えたことによるもの。

消費額を国や地域別に見ると、中国からの旅行者が14.9%増えて1兆6946億円と全体の約4割を占め、1人当たりの消費額も23万円余りと最も高くなっている。
次いで、台湾からの旅行者が9.5%増えて5744億円、韓国からの旅行者が43.3%増えて5126億円などとなっている。

一方で、外国人旅行者1人当たりの平均の消費額は、15万3921円と前年を▲1.3%下回り、2年連続で減少した。
政府は、2020年までに外国人旅行者の消費額を、ほぼ2倍の年間8兆円に増やす目標を掲げている。
いわゆる“爆買い”が、かつての勢いを失う中でこの目標を達成するには、観光地としての地方の魅力を高めて宿泊日数をのばすことや、滞在期間が長く消費額も大きい傾向がある欧米からの旅行者を増やすことが課題となっている。
以上、

観光庁長官「夜の活性化 積極的に」。
政府は、夜の経済=「ナイトタイムエコノミー」を活性化する取り組みを進める。

夜には女性のお接待が付きもの。日本の魅力は、風俗産業へ大変換させるおそれがある。
巷では、日本は寝芸者=ポルノ大国と知られており、その日本市場に整形で借金漬けになった韓国人女性たちがワンサカ参入して売春事業で荒稼ぎしているという。
 
ネオン街へ行きたい訪日観光客は今でも行っており、焼き鳥や居酒屋はすでに定番コースとなっている。わざわざそれを売り物にする必要もなかろう。
政府が目的のためには手段を選ばずでは、明治150年の結末がポルノ産業奨励時代では、きっと志士たちが、なんと嘆かわしいことになったのかと嘆いているに違いない。

本末転倒・・・インバウンド効果で茶を濁しているが、上場企業の利益が過去最高を更新し続けるなか、消費低迷の日本人の個人景気こそ最重要課題であり、税で毟り取ることだけしか脳がない貧困な極まる・・だ。

スポンサード リンク
[ 2018年1月17日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ