アイコン 南国市官製談合 再任の前副市長を逮捕 建設美工房たかはしの社員も

スポンサード リンク

高知県警捜査2課は18日、南国市発注の遊歩道補修工事を巡り契約金額に関する情報を建設業者に漏らしたとして、官製談合防止法違反の疑いで南国市の前副市長、吉川宏幸容疑者(64)を逮捕し、同市役所を家宅捜索した。

  また、公契約関係競売入札妨害の疑いで、情報を受け取った「有限会社 建設美工房たかはし」(南国市左右山154-3)の会社役員高橋正明容疑者(52)を逮捕した。

 吉川容疑者の逮捕容疑は、再任用で市商工観光課に務めていた2015年6月中旬ごろ、市発注の「瀬戸の滝遊歩道補修工事」を同社に受注させるため、市役所内で契約金額に関わる書類を高橋容疑者に渡し、公正な入札を妨害した疑いがもたれている。

以上、

談合は止めましょう。

建設業者は慣れっこになり、海外では日本のゼネコンの高い工事費での価格競争力は0となっています。

スポンサード リンク
[ 2018年1月19日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ