アイコン 文大統領 最新支持率73% 南北合同チームに20・30代反対82%

スポンサード リンク

北朝鮮の平昌五輪参加に、前のめりの文政権。文氏を支えるロウソク民心を主導する20・30代から衝撃の問題提起がなされた。
世論調査機関「韓国ギャロップ」が(2018年1月)9~11日に行った調査で、文大統領の国政運営について「よくやっている」との答えが20代で81%、30代では89%に達した。全体の支持率(73%)を大きく上回る数字となった。

しかし、南北合同チーム結成に関しては、20~30代の反対が約82%に達し、全世代の中で反対の割合が最も高かった。共に民主党が全く予想していなかった結果となった。

平昌冬季五輪をめぐる韓国・北朝鮮の合意に対し、韓国の20~30代が強く反発し、韓国大統領府(青瓦台)と与党が戸惑いを見せている。

与党の関係者は「予想できなかったことだ」として「若者層の不満の原因を読み解いている」と述べた。その上で「今後きちんと説明すれば、否定的な世論は落ち着くのではないか」との見方を示した。
 20~30代は、文在寅政権を支える中心的な支持層(ロウソク層)。 

青瓦台の関係者は「インターネットの世論をずっとチェックしている」とした上で、「女子アイスホッケーチームに北朝鮮選手は少数しか加わらないため、チームの戦力は変わらないという点を政府がきちんと説明する予定」と述べた。

 与党「共に民主党」の関係者は、「若者層が(保守政権の)10年間でまともな統一教育を受けられず、韓半島旗(統一旗)や南北合同チームの意味をよく分かっていないようだ」と話した。

さらに「北朝鮮の参加者たちの来韓を機に、冷え込んでいた南北関係が改善されれば世論も変わる可能性がある」と期待感を示した。
20~30代の否定的世論が、全体の多数派ではないため、大統領の支持率にさほど影響を及ぼさないと見ている。

 しかし、1980年代に大学生活を送っていたような政権中枢部が、南北問題を十数年前の視点で捉えていることに疑問を呈する声もある。
20~30代の北朝鮮観は、昔の世代とは完全に異なっているのに、文政権の中心メンバーたちは依然として1980~1990年代の思考回路で止まっているようだ。

 西江大の金英秀教授は、「実利を重視する若者層は、現政権の対北政策について『自分たちのものを色々提供した揚げ句、さらに引きずり回されている』という印象を受けているようだ」と指摘している。

若者の厳しい就職難が続く中、学生ら若者を中心に「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨で一気に大金を得ようと投資が加熱、政府が、詐欺の横行などで、取引所の閉鎖を口にしたとたん、文在寅支持層である若者たちが猛反発、大幅な取引規制強化を事実上、撤回した。
文政権のこうした対応は、ロウソク民心=文在寅の支持層の実態がこうしたものと見えるものとなった。
以上、朝鮮日報参照

<首相の暴言>
李洛淵首相(共に民主党所属)は、「女子アイスホッケーは、韓国が世界ランキング22位、北朝鮮が25位でメダル圏にない。韓国の選手たちも(北朝鮮選手の追加に)大きな被害意識はなく、むしろ戦力強化の良い機会と考える雰囲気があると聞いた」と話した。

李首相が、誰から聞いたのか言及されていないが、今になって、合同チームとは、選手や監督自身が戸惑っている。それもメダル圏内にないゲームだと中傷、選手たちの「ヤル気」さえ喪失させている。
 こうした60代の文政権が主導する北朝鮮への前のめり政策に対し、その圧倒的支持層である(平昌オリンピック参加世代と同じ)ロウソク民心世代が、初めて文政権に対して、はっきり異議を申し立てた調査結果となった。

朝鮮戦争は1950・51年、すでに65年以上経過している。文政権の最終目標である南北統一は、民族が同じでも体制が異なる限り実現できない現実が横たわっている。
相手はまだ34歳の白頭王朝3代目の絶対君主、正恩王朝時代は、文在寅が老衰で亡くなるまで続く。ただし、第2次朝鮮戦争が発生しない限り、君主制にクーデターが発生しない限り、肥満死しない限りだが・・・。

南は北の核を廃止させなければ、枕を高くして眠ることさえできないのだが、20・30代は北にはまったくの無関心、目先の生活と憂さ晴らしに反日があれば事足りる文政権下の環境にある。
(朝鮮戦争では、極悪人李承晩大統領が、民団を使い在日を兵士として募集したところ600名あまりが集まった。在日は60万人、1割の6万人の兵士募集だった。韓国民の民心などコロコロ変わり当てにはならない結果を象徴した数値だった。)

ロウソク民心共感経済政策は、最低賃金の大幅アップ(1月から16.4%増)、非正規の正規雇用化、失業減少となる雇用対策=公務員増、大公共投資などなど。
ロウソク民心用憂さ晴らし政策は、反日(竹島・慰安婦・徴用工・徴用賃金、・・・歴史問題)、高所得者層に対する増税、大企業に対する増税、
親中・従北文政権(=反米反日政権)、盧武鉉弔い復讐政権=積弊清算政権。
韓国民を洗脳してロウソク民心教として宗教にまで高めた文在寅教祖。

スポンサード リンク
[ 2018年1月19日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ