アイコン 2017年 韓国への訪観客数▲22.7%減の1334万人 中国▲48.3%減が痛い

スポンサード リンク

韓国観光公社は22日、2017年に韓国を訪れた外国人観光客数を前年比22.7%減の1334万人と集計した。
韓国のTHAAD配備に抗議して3月から貿易・文化・団体旅行禁止など観光制裁をしている中国は▲48.3%急減し417万人にとどまった。

<増加率ランキング>
モンゴル 31.3%増
カザフスタン 30.6%増
ベトナム 29.2%増
ロシア 15.6%増
台湾 11.1%増
日本 0.4%増
米国 0.3%増
カナダ 0.3%増

<減少率ランキング>
中国 ▲48.3%減
インド ▲37.0%減
インドネシア ▲21.9%減
フィリピン ▲19.4%減
イギリス ▲6.7%減
ドイツ ▲0.4%減

 日本人観光客数は、昨年初めに増加傾向だったが、北朝鮮のミサイル発射への懸念から5月以降は訪韓を控えるようになり、年間では前年比0.6%増にとどまった。同じく米国とカナダがそれぞれ0.3%増とほぼ横ばい。英国は▲6.7%、ドイツは▲0.4%、それぞれ減少した。
 一方、ベトナム、台湾、ロシア、モンゴル、カザフスタンからの観光客数は伸びた。

 韓国は、中国制裁の教訓から訪韓客の多様化に取り組んでおり、アジア・中東の観光客が全体に占める割合は2016年の25%から17年は33%に拡大し、大幅に減少した中国の31%を上回った。

 観光公社、昨年のインバウンド(訪韓外国人客)は、THAADや北朝鮮核ミサイル問題の影響で大きな打撃を受けたが、THAADを機に特定の国・地域への依存度引き下げと観光市場の体質改善が必要との認識が広がったという面ではプラスの効果もあると説明している。
以上、
韓国の世界戦略であるK-POPPと韓流ドラマの漬物にした国々から観光客が増加している。
中国からの整形客は現在も多いが、中国の不動産大手が整形業界に参入しており、韓国の医師たちを引っこ抜き韓国式美容整形(有名芸能人そっくりさん)が、中国で整形できるようになってきている。

 ベトナムは完全に韓国のキムチ状態。韓流アニメという白菜を植え込み、K-POPPと韓流ドラマでキムチ漬け、今ではベトナム戦争での韓国軍の虐殺や強姦などにおける2万人以上のライダイハンの存在などまったく知らない世代の韓流アニメ世代の女性たちが、韓国へ多く嫁いでいる。ベトナムは韓国の文化戦略が完全に奏功している国(ベトナムにも中国にもカザフスタンにもコリアン売春小屋が乱立している)である。
 

スポンサード リンク
[ 2018年1月22日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ