アイコン 韓国警察 仮想通貨取引所を捜索

スポンサード リンク

韓国の警察・税務当局は今週、複数の国内大手仮想通貨取引所を脱税の疑いで捜索した。複数の関係筋が11日、明らかにした。
大手の1つであるコインワンの関係者はロイターに対し「国税庁当局者が今週、われわれのオフィスを捜索した」と語った。
この関係者は匿名を条件に「地元警察も昨年以降、われわれの会社を捜査している。彼らはわれわれが行っていることをギャンブルだと考えている」と述べた。コインワンは捜査に協力しているという。
国内2位のビッサムも10日、税務当局の捜索を受けた。
ビッサムの関係者は「昨日、税務当局者から書類などの開示を求められた」と語った。
以上、ロイター参照

韓国政府は、表向きは否定しながら、法務部(省)は仮想通貨の取引を停止させようとしている。その一環で捜索に入ったものと見られる。

韓国ではサラリーマンの3割が仮想通貨の取引を行っているとされるほど、投機に走っている。
しかし、北朝鮮によるハッカー攻撃を受けるなど危うい面もある。また、未成年者の投機の取り締まりなど法的な制度が必要にもなっている。韓国では海外よりも高く取引され、大幅な価格変動、投資詐欺、匿名性から脱税、マネーロンダリングも懸念されている。

こうした韓国の動きにビットコイン相場は乱高下を繰り返している。

0112_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年1月12日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ