アイコン 安倍首相 平昌冬季五輪出席へ 最終調整

安倍首相は、日本と韓国の未来志向の関係構築につなげたいとして、2月9日から開催される韓国のピョンチャンオリンピックの開会式に出席する方向で最終調整に入った。

安倍首相は、開会式への出席に合わせ、韓国の文在寅大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を求めるとともに、北朝鮮への対応で緊密な連携を確認したい考え。

韓国の文大統領が、安倍首相に、五輪開会式に出席して欲しいという意向を重ねて伝えていた。

ただ、文政権が昨年12月28日(2016年12月28日が合意の日)、慰安婦問題をめぐる日韓合意は誤りだったという認識を示したことから、日本政府や与党内には、開会式に出席できる状況ではなくなったという意見と、日韓関係の重要性に鑑みて開会式には出席するのが好ましいという意見の両論が出ていた。

こうした中、安倍総理大臣は、文大統領の招待を重視し、日本と韓国の未来志向の関係構築につなげたいとして、開会式に出席する方向で最終調整に入った。
以上、

スポンサード リンク

韓国の報道機関は、平昌五輪に世界から首脳たちが19ヶ国からも訪れるとしているが、大好きな中国からは序列7位の人が来る。ドーピング制裁中のロシアは国としての参加は認めておらず、プーチンが来る可能性はない。米国はペンス副大統領が来ることになっている。大物はフランスのマクロンだけが実態。

そうした中、安倍首相が平昌五輪を訪問すれば、韓国側は大物が来てくれ、万歳・万歳・万々歳ということになる。外交にはカシを作ることも需要だろう。
 
ただ、眼下、韓国文政権主導で、慰安婦問題再浮上どころか、慰安婦記録文書の世界遺産登録への政府補助拠出、政権なよる慰安婦記念会館建設計画、徴用工問題、ここに来て文政権自ら学徒出陣問題も取り上げ始めており、反日の鐘を鳴らし続けているのも見落としてはならない。

米トランプのお株を奪い、北朝鮮の金正恩が平昌の開会式で土管の中から現れたら、世界中がびっくり、途轍もなく面白いのであるが・・・。
なお、女子アイスホッケーの南北合同チームの試合観戦チケットは完売したそうだ。

スポンサード リンク
[ 2018年1月24日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ