アイコン 沖縄タイムス 日本の民主主義を憂う

思った通りの反応だった。

沖縄タイムスは、今回の名護市長選挙は「名護市長選の陰の勝者は、安倍政権だった。そして陰の敗者は、この国の民主主義だった。」と綴った。

確かに、沖縄県民は、米軍基地の事で本土にはわからないであろう様々な苦労を背負っている。

だが、今回の市長選に票を入れた有権者をどれだけバカにしている発言か。

イデオロギーに染まるとすべてが愚かにみえるのだろうか。

運動家に非ずんば人に非ずか? 民主主義をなんだと思っているのだろう。

以下は年代別投票率、普通はグラデーションになる支持率の変化が、60代で極端に増える。

スポンサード リンク

10代 稲嶺37% 渡具知63%
20代 稲嶺38% 渡具知62%
30代 稲嶺39% 渡具知61%
40代 稲嶺41% 渡具知59%
50代 稲嶺38% 渡具知62%

60代 稲嶺65% 渡具知35%
70代 稲嶺68% 渡具知32%
80代 稲嶺67% 渡具知33%
90代 稲嶺86% 渡具知14%

 

これがいったいどういうことか、それを沖縄二紙は思慮深く検証するべきである。

 

 

名護市長選の陰の勝者は、安倍政権だった。そして陰の敗者は、この国の民主主義だった。

直前の世論調査でも、市民の3分の2が辺野古新基地建設に反対している。それでも稲嶺進氏が落選したのは、工事がじりじりと進んだことが大きい。市民は実際に止められるという希望が持てなかった。

稲嶺氏自身は公約を守り、民意を体現して阻止に動いてきた。日本が民主主義国家であるなら、工事は当然止まるはずだった。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/204884
 

スポンサード リンク
[ 2018年2月 5日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ