アイコン ギブソン 経営危機 フィリップスの音響機器部門買収が仇に

 

 

世界的に有名なギターメーカー、米ギブソン・ブランズ(Gibson Brands)が経営危機に直面している。販売が伸び悩む中、半年後に返済期限を迎える約400億円分などの債務が負担になっているもよう。債務借り換えの検討に入ったほか、一部製品の販売打ち切りなども計画している。

ギブソンは1894年にテネシー州ナッシュビルで創業。「レス・ポール(Les Paul)」など著名なギターを製造し、BBキング、ジョン・レノン、エルビス・プレスリーなど著名なミュージシャンが愛用したことで知られる。

しかし、その老舗メーカーが会社の存続が危ぶまれるほどの深刻な財政問題に見舞われている。
地元ニュースのナッシュビル・ポスト紙によると、ギブソンは今年8月初めに3億7500万ドル(約400億円)の債務が返済期限を迎えるという。
19日には、経営再建に向けて新しい財務責任者を起用したと発表。投資銀行と債務借り換え案を策定していることも明らかにした。

スポンサード リンク

ヘンリー・ジャスキビッツ最高経営責任者(CEO)は、声明の中で「楽器とプロ向け音響機器の販売は利益を上げており、成長しているが、数年前の数字を依然として下回っている」と説明している。

ビジネス戦略見直しの一環で、「フィリップス(Philips)」ブランドの一般向けオーディオ機器事業を引き続き合理化するほか、売れ行きがよくない一部製品の販売を停止する考えも示した。
数年以内に債務を完済したいとしている。

ギブソンは2014年にオランダの電機大手フィリップスの音響機器部門を1億3500万ドル(約144億円)で買収していた。

ギブソンのギターを演奏したスターには、ブルース界の巨匠、故B・B・キング(B.B. King)、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジらもいる。
以上、報道参照

フィリップスの音響機器部門の買収失敗だろう。フィリップスは滓になるまで抱え、その後事業部門を売却、ほとんどがフィリップスの落ち目のブランド価値しかない。企業として大きくしたかったのだろう。世界の音楽家の音響機器部門にはROLANDとYAMAHAが立ちはだかっている。

↓ Jimmy Page&Gibson Les Paul
0221_01.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年2月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ