アイコン フェラーリ「ポルトフィーノ」発表、決算では営業利益率22.6%、平均価格5,330万円

 

 

伊フェラーリが19日、新型スポーツカー「ポルトフィーノ」を日本で公開した。高額消費が盛り上がる日本だけでなく、世界中で販売好調なフェラーリ。ポルトフィーノの価格は2,530万円~。

1億円超の限定車もあるフェラーリだが、日本でも絶好調、自販連によるとつぎのとおり。
 
フェラーリ販売台数推移
by自販連
前年比
2017年
775
14.3%
2016年
678
-5.8%
2015年
720
28.3%
2014年
561
3.1%
2013年
544
 
 
その人気は世界中に広がっている。
 
スポンサード リンク

2月発表の2017年12月期決算は、売上高が前期比10%増の34億1,700万ユーロ(約4,500億円)、調整後の営業利益は23%増の7億7,500万ユーロで営業利益率は22.6%だった。
富裕層の絶大な支持を得て、この数字をわずか8,398台で稼ぎ出している。1台あたりの平均価格は5,330万円。
営業利益を販売台数で割った1台当たり利益は日本円換算で1,200万円強と、今期予想ベースで約21万円のトヨタの50倍を超す。

2018年には史上初めて9千台超を販売する計画。
これも売れるから作るのでなく、価値を損ねないようバランスをとった数字だという。

同社株は、「RACE」のコードで米株式市場に上場した2015年以降、ほぼ右肩上がりの上昇を続け、2016年末から直近までに2.2倍の上昇率となっている。これは独VWなどの大手はもちろん、成長株の米テスラ(57%)もはるかにしのぐ。
時価総額は日本円換算で2兆6千億円に達し、スズキやSUBARUとほぼ同規模。

0220_02.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年2月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ