アイコン 不動産会社「福三」を脱税で告発 競艇などに使ってました

 

 

東京国税局は、都内のマンション用地の売買の仲介で、売り上げを伸ばしていた東京・文京区の不動産会社「福三」と福本健児社長(72)が架空の経費を計上する手口で6億1000万円余りの所得を隠したとして、法人税法違反などの疑いで東京地方検察庁に告発した。

同社は都内のマンション用地の売買の仲介などで売り上げを伸ばしていたが、手数料を支払ったように装って別会社の口座に金を振り込み、現金で戻させる手口で架空の経費を計上していた疑いがあるという。

スポンサード リンク

当局の調査で、一昨年3月期と平成26年3月期の2年間に合わせて約6億1000万円余りの所得を隠し、2億円余りを脱税していたことが判明している。

脱税で得た資金は、貸金庫に現金で保管したり競艇に使ったりしていたという。

なお、同社は修正申告し、納付を済ませているが、悪質と見て告発されている。

スポンサード リンク
[ 2018年2月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ